宮芸ブログ

miyagei240419ースケッチ講座

暖かくなったり寒くなったりで体調が崩れそうですね。

第19回宮の森芸術倶楽部の作品展まであと約一ヶ月となりました。

一年は本当に早いですね。

 

今日はスケッチ講座の日です。

モチーフはこちらです。

 

今回はシックなモチーフです。

写真では見えにくいのですがこの花瓶は複雑でおもしろい模様です。

 

5名の方が参加されています。

講評会も行われました。

背景の色を選び差をはっきりつけると良いそうです。

お一人で2枚完成された方もいらっしゃいました。

 

miyagei240412ースケッチ講座

まずは今日のモチーフです。

朝アトリエに会員さんがいらしてこのモチーフを見て一言

「え〜難しいー」と・・・

確かに色味も多く複雑なモチーフです。

でも皆さん見事に完成されました。

複雑でも明るさや色に違いがあると差が見えてくるそうなんです。

今日は4名の方が参加されました。

講評会も行われました。

4月も半ばとなりました。

現モチーフ終了まで約2週間です。

来月は作品展も控えていますので完成も間近でしょうか?

新しい作品との出会いは春が訪れるようにウキウキしますね。

 

 

miyagei240405ースケッチ講座

4月に入り春らしい日々が続いています。

雨が降らないので少し埃っぽいですが春は気持ちがウキウキします。

今日のモチーフです。

5名の方が参加されています。

講評会も行われました。

先週は講評がなかったので今週まとめての講評です。

今、宮の森芸術倶楽部では春の新入会キャンペーンが開催されています。

入会金100%OFF  初回月会費半額です。(4/27まで)

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

miyagei240330ースケッチ講座&雑誌取材(3/29)

今週に入って『春だなぁ〜』と感じる日が多くなったような

気がします。

さわやかな色味のモチーフです。

5名の方が参加してくださいましたが今日は講評がなかったので

完成した作品のみお見せしたいと思います。

 

 

 

 

 

3月8日スケッチ講座の後に雑誌の取材があり宮の森芸術倶楽部を

『HO』に(アトリエのカウンターに置いてあります)

掲載してもらいました。

 

清水先生、取材を受けています。

少し緊張しているように見えます。

ライターさんが、きっかけレッスンを体験されました。

会員さんの描いた絵やアトリエの様子など写真がたくさん掲載されています。

 

miyagei240322ースケッチ講座

春分の日も過ぎいつもの年なら積雪もないはずですが

今年は雪がたくさん残っています。

 

ワインレッドの敷物にワイン

そしてトランペット

JAZZ BARを思わせるような、どこか哀愁漂うモチーフです。

 

4名の方が参加されています。

 

講評会も行われました。

今日はどれでも主役にしやすいモチーフだそうです。

 

今日は色の綺麗な作品が多いですね。

 

miyagei240301ースケッチ講座

3月に入りましたが今年は雪がたくさん残っています。

春はまだ少し先なのかもしれません。

 

お花や果物、野菜など色鮮やかなモチーフです。

5名の方が参加されています。

講評会も行われました。

色に差をつけて目立つようにしたり

鮮やかな色を使うと明るいイメージになったり

短い時間の中でスケッチは色々考えながら描くんですね。

 

短い時間の中で2枚も描かれました。

 

 

 

miyagei240229ー3・4月新モチーフ

早いもので今年に入り2ヶ月が経ちました。

今日からモチーフが新しくなりました。

 

アカデメイア専用モチーフです。

ジョルジョの石膏像です。

ジョルジョの肩には・・・

ウルトラマン???シュワッチ‼️

 

アカデメイアと講座フリーコース共有モチーフです。

ギリシャ婦人とシシカンの石膏像です。

 

もう一つの共有モチーフです。

ピンク系の色がかわいいですね。

 

今回は石膏像が多いですが、いつもの石膏もあります。

3月1日に変更になりますので今日は写真がありません。

 

miyagei240217ースケッチ講座(2/16)

気温が高くなったり低くなったり

身体がついていかないですが、皆さんは体調いかがですか?

2月に10度超なんて、なかなかないですよね。

今回のモチーフです。

アトリエのカウンターに置いてある鉢植えを中心に

けん玉や紙ふーせんなど、色鮮やかなモチーフです。

5名の方が参加されています。

講評会も行われました。

 

来週の2月23日 金曜日は祝日のため休校になります。

次回のスケッチ講座は3月1日です。

もう3月なんですね・・・早いなぁ〜

たくさんの方の参加をお待ちしています。

 

miyagei240214ーアカデメイア水曜日講評会

昨日に続いて今日もアカデメイアWS講評会の様子を

お届けします。

「私の地球イメージ」をテーマに今日は3名の方の作品をご紹介

したいと思います。

もちろん生まれ日が違えば描く絵も違います。

「ヴェールに隠れた預言者が神の力にとりつかれて語る」

本を見たりインターネットで猫を探したり

色々な所から情報を集め完成された絵です。

私はこの作品を見ていると何かに引き込まれていってしまいそうな

不思議な魅力を感じました。

「海岸を楽しむ日曜日の人だかり」

ご自身の小さいころの海水浴場はきれいなイメージがなかったそうです。

夜の海に花火が上がり、たくさんの人たちが楽しそうに見ている

様子が伝わって来ます。

「香炉を持って祭壇のそばにいる神父の侍者を務める少年」

アルブを着て典礼奉仕をする少年の様子を描かれています。

また今回のテーマとは違うものですが

札幌市内の公園での様子を描かれた作品もありましたのでブログにあげさせて

いただきました。

季節は秋ですね。

次回のワークショップのテーマは何でしょうか?

また素晴らしい作品と出会えることを心待ちにしています。

 

 

miyagei240213ーアカデメイア火曜日講評会

去年の10月よりアカデメイアWSでは

「私の地球イメージ」自分が生まれた日の地球の位置に

ついているシンボルを描いてみよう。と言うテーマで制作が始まりました。

約4ヶ月、試行錯誤しながらも大作が完成しました。

今日はその講評会です。

ご自身ではなかなか見つけられないテーマなので

どのような作品が完成されるか、とても楽しみにしていました。

「新天地が開拓者に新たな体験を提供する」

馬が向かった先はニューヨークの自由の女神という

映画のラストシーンみたいな夢と希望に溢れている

アクティブで素敵な作品です。

「混雑した市場で、農夫と仲買人が非常に多彩な

作物を陳列している」

何枚も写真を集めて色々な物を参考にしながら

小さな野菜や果物を色鮮やかに、そして丁寧に描かれていらっしゃいます。

「抽象派の画家が仕事をしている」

見た目を作家独自の世界観で描く抽象的な作品はスケールの

大きな絵になり、なにより講評会の直前まで描かれていて

いつも絶え間ない努力に感動しています。

「情熱に背を向けて、自分の経験により教えている男」

ご自身のお父様が海を渡りフィリピンへ着いた時の様子を描かれたそうです。

お父様に教えてもらったことを思い出して描かれたとおっしゃっていました。

悲しい風景ですが、とても情熱を感じました。

「体操着を着ている少年少女が校庭に並んでいる」

ご自宅近くの小学校で学校を撮影し

走る子どもはインターネットで探されたそうです。

淡い感じの色合いが綺麗な作品で雲の上にふわっと浮かぶ校舎は

天空の学校のようです。

「古い城の芝地をパレードする1匹の孔雀」

古城はフランスのシャンボール城でテーマをもらった時に

この城を描きたいと思ったそうです。

羽を広げた孔雀は古城にも負けない美しさが描かれた

素晴らしい作品です。

今回のワークショップはテーマが面白く

とても完成度の高い作品になったそうです。

次回は水曜日の講評会もお伝えします。